星野源ファンサイト【源SUN日記】

星野源のファンサイトです.ひたすら星野源という人物を丸裸にします.

星野源のラジオジングル投稿エピソード!『スーパースケベタイム』名義でタマフルへ

   

星野源_宇多丸

星野源さんのラップジングルが話題ですが,以前から通称『タマフル』へジングルを投稿するなど,密かに活動されていました.その名義は『スーパースケベタイム』!



【スポンサーリンク】

星野源のラジオジングル匿名投稿エピソード

星野源さんのつくるジングルの素晴らしさは,

今に始まったことではありません.

 

知る人ぞ知る恐ろしいエピソードが眠っていましたので,

ご紹介します.

 

経緯

TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」

という番組はご存知でしょうか.

 

その名の通り,

宇多丸さんがDJを務めるラジオ番組です.

通称『タマフル』です.

 

ある日のことでした.

星野源さんが,この番組の担当ディレクターさん(こあらいさん)とすれ違った際に,

番組出演の申し込みをされたそうなのです.

 

1リスナーとしてこの番組を非常に楽しんでいたようなのですね.

星野源さんらしいです.

 

ところが.

 

そのディレクターさんからは,

ラップジングル曲の応募をしてるんで,応募してみたら?

というような冷たい反応.

 

*ジングルとは,CM前後や企画の節目などにちょこちょこ流れる短めの音楽の事を指します.

 

普通ならそこで

『ああ,お呼びでないのか』

と諦めてしまいそうなところですが,星野源は違いました!

 

なんと,

実際に曲をつくり,自らが『星野源』であることを隠し,

ラップジングルに応募したのです.

 

その素性の隠し方も徹底しており,

新しく取得したメールアドレスの利用に,

『スーパースケベタイム』というふざけた名前での投稿だったのです.

 

名前がセンスありすぎてたまりませんね(笑)

 

その結果,

見事に『最優秀賞』に選出され,

ラジオで流れるジングルとなったのです.

 

宇多丸さんも星野源さんがつくっているとは露知らず.

選考しているときには,

名前に反してものすごく凝っている.

たぶん自分でも演奏とか打ち込みを足してたりとかして,ほとんど元のビートは素材くらい.

なおかつ,メロディが異常にきれいで気持ちいい.

というようなコメントをされていたそうです.

 

ただ,

ジングルの最後のギターの余韻を残すあたり,

歌が上手いあたり,

『これはプロでは』ともうすうす感じていたそうです(笑)

 

これだけでもものすごいことだと思うのですが,

星野源の恐ろしさには,まだ続きがあります.

 

なんと,

そこで最優秀賞をとったことを3年もの間黙っておいて,

実際にラジオにゲストとして呼ばれた時に,事の顛末を告白したのです!

 

いやー,怖いですね(笑)

さすがですね(笑)

 

そのときお話したこと.

当時は『すっごいびっくりしたけど嬉しかったです』と感じたこと,

広報担当のスタッフさんと一緒に『なめられちゃったね(笑)』などと少し落ち込んだこと.

 

本人だとばれないように,声に加工もかけていたこと.

などなど.

本人だと知った時には宇多丸さんはひっくり返ったそうです(笑)

 

そのジングルはこちら!

一度聴いてみてください!

 

気が向いた時につくった安上がりな音だそうですが,

貫禄のクオリティです.



【スポンサーリンク】

名義は『スーパースケベタイム』

改めて触れておきます.

 

当時一緒にいたジングルの審査員の方も,間髪入れずに,

ひでえな,おい!

と一言.

 

さらにジングルを聴いた感想として

スーパースケベですよこいつは.

歌を歌えるってことはすけべですよ,相当モテるやつですよこいつは.

にくい!にくい!

と,ひたすら『にくい』と連呼(笑)

星野源さんも当時実際にラジオを聴いていたそうなのですが,

このあたり随分印象に残っているとか(笑)

 

宇多丸さんも,

あいつら全員スケベ野郎だ.

清水翔太とか,歌うたえる奴らみんなスケベだ.

などと言う始末.

 

最後まで,

美メロセンスあり過ぎじゃないこの人!?

というように,ジングルのきれいなメロディラインに対して

絶賛の声を送っていました.

 

ふざけた名前と楽曲のクオリティのギャップ!

最高です.

 

正体を明かすとき

上記の正体が明かされたのは,2014年のことでした.

宇多丸さんはラップジングルの選考中はもちろん知りませんでしたが,

その後共演した機会に,こっそりと正体を知らされ,ひっくり返ったそうです(笑)

 

ただ,

スタッフをはじめ,リスナーも全員が知ったのは,

ラジオの現場にて,です.

 

当時星野源さんと広報スタッフさんに対して

横柄な態度をとってしまった『こあらい』さん.

局によって態度が違うなどといじられてしまっていましたが(笑)

 

わだかまりのようなものが溶けたとしたら,

それは良かったです.

 

ただ,星野源さん,

まあ根に持ってますよね(笑)

実際今はどうなのか知りませんが,当時はかなり悔しかったそうなので.

 

いつ誰が出世するか分かりません!

 

まとめ

◆星野源は『スーパースケベタイム』という名義でラジオ番組『タマフル』にジングル投稿し,見事に最優秀賞をかっさらった経験があった!

◆その背景にはスタッフからの悔しい対応が.

 

*画像出典:https://twitter.com/gen_senden/status/528820546322956288



【スポンサーリンク】

 - タレント ,